コンドロイチン

コンドロイチン

コンドロイチンに対する関心が高くなってきています。
コンドロイチンは成長期は体内で生成されるのですが、25歳を過ぎた頃から生成される量が減少することによって老化が始まり、身体にトラブルを起こす原因ともなってきます。

不足してくると軟骨が弾力性や保水性を失い、関節が痛くなったりするのです。
コンドロイチンのサプリメントなどを摂取することによって、関節痛や神経痛、五十肩や腰痛などの痛みに効果があるとされています。

関節をスムーズに動かすために骨と骨の間でクッション材になっているので、これが不足してくるとクッションの役目を果たさず痛みを感じるようになるわけです。
耳を触ってみるとコンドロイチンが不足しているかどうかわかります。

外耳は軟骨で出来ているので、本来ならとても柔らかいものなので、触ってみて硬いようでしうたら不足していることが考えられますので、サプリメントなどで持続的に補給するように心掛け、身体にトラブルが起きる前に対策をとるようにしたいものですね。